特別インタビュー Vo.4 これからの名古屋の名物は味噌カツ、エビフライ、そして「速達生」の生ビール。 ソリューション課 長谷川 典夫

ソリューション課の長谷川典夫と申します。酒販店様への、弊社システム導入時のコンサルティングが通常の担当業務です。「速達生」では、365日配送、再販禁止といった体制が必須となります。

法律上、食品は賞味期限、消費期限の表示義務があるのに対し、酒類は表示を省略できるので、ビールも上旬・中旬・下旬という大まかな区切りしかありません。そもそも表示義務がない上に、消費者の方々も出荷されてきた樽を普段目にしないので、おいしさを保つために実は一番大切な“鮮度”が重要視されないという実状がありました。「速達生」はそれを改革するサービスなのです。

私も、一歩外へ出れば消費者という立場です。「速達生」というサービスによって、本当においしいビールが世の中に広まればと期待しています。

これからの名古屋の名物は味噌カツ、エビフライ、そして「速達生」の生ビール。

読書が好きで、社内では“無口”だなんて言われますが、本当は口数が少ないだけの“クールな男”なんです。そんな私は自他共に認めるビール党。途中でお酒を変えたりせずに、男は黙って生ビール。

名古屋名物には味噌カツやひつまぶし等、味の濃い料理が多いですが、味が濃いものやピリっとしたものにビールはすごく合います。このページをご覧になっている中で、東海地方以外の方、こちらへ来たときは是非「速達生」のビールと名古屋の郷土料理を試してみてください。